What's new? New York! ニッパー中山 & ケイジ中山のブログ

NY在住?0年のライター&カメラマンがハードコアな三面記事などを紹介。

元横綱の羽黒山こと北尾光司(25才)のアメリカ・プロレス武者修行の旅!

f:id:cagen10003:20190410143414j:plain
横綱羽黒山こと北尾光司(25才)のアメリカ・プロレス武者修行の旅!

先日、2月10日に55歳の若さで亡くなった北尾のニュースが一斉に流れた。業界では何度もトラブルを起こしてヒール(悪人)のイメージであったが、妻のコメントは“主人は曲がったことが大嫌いなピュアな人”でそれが唯一の救いであり、実にドラマチックな人生であった。1987年、大相撲をトラブって廃業。その後、角界を離れて約1年半、“TVレポーター”や“スポーツ冒険家”の肩書で活動していた。89年6月2日に、ついに1メートル99センチ、体重143キロをさげてプロ・レスラー転向を発表。そして、アメリカへ武者修行にやって来た。私は「週刊プロレス」の通信員として密着取材して、その時の感慨が湧き、追悼記としたい。

1989年5月10日、寝袋や衣類を詰めたリュック姿でトレーニング・パートナーのアポロ菅原を伴って第一次キャンプの為に渡米。同時にTV局や多数の雑誌社も同行した。
1989年5月13日、新日本プロレスの北米ブッカーのカナダ・カルガリー在住の大剛さんの紹介で東部へ武者修行に来て、ニューヨークへ到着。JFK空港で大剛さんとともに合流。70年代にWWWFで活躍し、猪木とも戦ったことがあり、日本へ5回来日した“プリティー・ボーイ”ことラリー・シャープが83年にニュージャージー州ポールスボロにプロレス・スクール「モンスター・ファクトリー」を設立し、バンバン・ビガロなどが輩出した学校に1日入門した。早速、スクール特製のTシャツに着替えてリングへ上がり股割などの柔軟をしながら「運動不足だから、、」と不安を口にする。シャープから“脇固め、ラリーアートキーロック、フロントヘッドロック”等の技を1時間習う。汗を拭きながらリングを降りた北尾は「初めて土俵に上がった時の様な新鮮な気持ちですね。プロレスは相撲と異なり、マットへ手足や体がついても負けないから気が楽です。本気になって鍛えれば、十分にやって行ける」と自信をのぞかせた。シャープから“将来の大器”の烙印を押された。
14日、車でペンシルベニア州フィラデルフィアへ移動し有名な美術館前のロッキー像を見学した(写真)。その後、アトランタオクラホマ、フェニックスと回り、プロレス、アメフト入門、サバイバル訓練などに挑戦。
27日、最終地のロスに到着。スタントマン・スクールで10メートルから飛び降りたり、火ダルマの訓練に参加。
30日、約3週間の旅を終えて、ロスから帰国。
6月7日、バージニア州ノーフォーク到着。第1次キャンプの為、プロレスの“鉄人”、「ルー・テーズ」スクールへ入門した。テーズからマン・ツー・マンの練習を授けられ、そしてテーズの天下の宝刀“バッグ・ドロップ”をマスターし約2ケ月間に渡りトレーニングを積んだ。
10月14日、ミネソタ州ミネアポリスが本拠地のマサ斎藤の紹介で、8週間滞在予定の第2次キャンプの為、アトランタよりアメリカ中部のミネアポリス到着。空港にはブレッド・レイガンズが出迎えに来てくれて初対面した。ミネアポリス郊外のアップトン出身のレイガンズは76年、モントリオール・オリンピックに米国レスリング代表で出場して4位となり、80年に地元のAWAでプロレビューして、大活躍した。83年に全日本プロレスに初来日を果たし、その後、新日本プロレスの常連外人レスラーとなる。91年に引退して、レスリング・スクール「レイガンズ道場」を主宰し、ベイダー、ブラッドショー、レズナーなどが輩出した。
北尾はレイガンズ・レスリング道場近くの高級ホテル「レジデンス・イン・ホテル」に投宿し、菅原と共に生活を始めた。
10月15日、早速、道場近くで、倉庫の様に広く、各種類のウェート・トレーニング器械が設置されているロード・ウォーリアス経営の“ザ・ジム”でトレーニングを始めた。生憎、ロード・ウォーリアスはNWAのサーキットに出ており不在であったが、2時間たっぷりとベンチ・プレス、カール、鉄棒、腹筋、バイクサイクルに汗を流した。
10月16日、午後2時より最初のリングでの練習をレイガンズ道場で行った。プロ・フットボール・チーム「サンフラン・シスコ49」出身の生徒ら5人とキャンプ入りした。近所に住んでいるWWFタッグ・チーム“デモリッション”のスマッシュ(クラッシャー・クルショフ)も休暇の帰宅中で、元横綱が来ているとの噂を聞き及び、息子を連れて見学しに来た。

続きを読む

米国での「ザ・デストロイヤーさん」の思い出!

f:id:cagen10003:20190310124436j:plain
デストロイヤーとレジェンド達
日本で力道山と名勝負した覆面の魔王「デストロイヤー」さんの死去のニュースを3日前に日本のインターネットで知った。
私は米国に約30年間滞在して、主に、プロレスの写真撮影に従事していた。デストロイヤーさんとは5〜6回会ったことがある。レジェンドのサイン会や、殿堂入の際やブラッシーの葬儀などである。素顔のデストロイヤーは僭越ながら、男前とは少し程遠く、丸い赤鼻にブルドックのような顔付きで、声はガラガラのダミ声であったが、精悍な雰囲気を持ち、いつも、誠実に接してくれた。
2003年5月に「プロフェショナル・レスリング・ホール・オブ・フェイム&ミュージアム」(1999年創立、主宰トニー・ヴェラノ)の「2003年度の殿堂入り式典」がニューヨーク州アムステルダムの高校講堂で盛大に催され、デストロイヤーさんと共に伝説の有名なレスラーが一堂に殿堂入りを果たした。写真は、まだ、若若しかった頃のレジェンド達である。残念ながらもう、彼らは皆、この世にはいなく、天国でもプロレス談義に花を咲かせているのだろう。左から、AWA世界ヘビー級王者ニック・ボックウィンクル(2015年、80才没)、「殺人鬼」キラー・コワルスキー(2008年、81才没)、デストロイヤー(2019年3月7日、88才没)、AWA創立者バン・ガニア(2015年、89才没)。
最後に会ったのは2003年6月6日に、「銀髪魔」フレッド・ブラッシー(85歳)が死去して、住んでいたニューヨーク州スカスーデールの町のヒチコック・プレステビリアン教会で葬式が催され、WWE会長のマクマホン夫妻と交じって、憔悴した姿のデストロイヤー夫妻も参列していた。私を見るなり、どこの報道関係かと聞かれ、「ベースボール社のウィークリー・プロレス・マガジン」と答えた。すると、雑誌に掲載されたら、送ってくれと言われて、名刺をもらい、そこには日本語で「デストロイヤー・カンパニー」と記されていたが、「子供達にレスリングを教えていて、夏にはサマー・レスリング・キャンプもしているので、取材に来て」と要請された。後日に貴重な一冊の週プロを送ったのは言うまでない。
ご冥福を祈ります。

元WWWF世界ヘビー級王者「ラテンの魔豹」ペドロ・モラレスが死去!


「ラテンの魔豹」ペドロ・モラレス(76才)が2019年2月12日に死亡した、とインターネット・ニュースに掲載された。WWEの死亡記事等によると、本名、ペドロ・アントニオ・モラレスは1942年にプエルトリコのクレバラで生まれ、少年時代に家族と共にニューヨークへ移り住み、YMCAでミグエル・ペレスやアントニオ・ロッカからプロレスの手ほどきを受け、17才でプロ・デビューした。以後、燃えるファイトと華麗な空中殺法の使い手としてWWE(前、キャピトル・レスリン社)に在籍。60年代中期にロサンゼルスのWWAへ移籍して大スターになった。1971年にWWE(前WWWF)へ復帰して、MSGでイワン・コロフを破り第4代WWWF世界ヘビー級王者に就き、「人種の坩堝」のニューヨークでラテン民族のヒーローと崇められる。1974年、サンフランシスコのNWA、フロリダのNWAやミネアポリスAWAへ転戦して、1980年にWWE(前WWF)に戻り、WWF世界タッグ王座、インターコンチネンタル王座を獲得して初の「3冠王」王者となる。1987年に引退して、その後、WWF放送のラテン語解説者となり、1995年に名誉のWWF殿堂入りを果たした。
日本には1966年に初来日して日本プロレスに参戦、以後、全日本プロレス新日本プロレスで試合をして、馬場と猪木と激闘して観客をわかし、1985年が最後の来日となった。
私生活では1966年にカレンさんと結婚して、ニューヨーク郊外のニュージャージー州ウッドブリッジに居住して、アパート経営をしていた。最近はパーキンソン病を患っていた、という。
2000年初期には、ニューヨーク周辺で多くの「レジェンド」サイン会が開催され、モラレスは常連であった。私に会うと、いつも、ニコニコ顔で「日本のプロレスの景気はどうですか?」「日本のファンの皆様へよろしくね!」と気楽に話しかけ、親しく接してくれた。写真は2005年6月18日のニュージャージー州カータレットのホリデーインで開かれた超大型のサイン会で、左からカルロス・コロン、ブッチャー、モラレス、ホセ・エストラーダ、S・D・ジョーンズと豪華なプエルトリコ出身の多彩な顔ぶれを収めた。ご冥福をお祈り致します。 


f:id:cagen10003:20190214074712j:plain

馬場の全日本プロレスから「週刊プロレス」取材拒否の時代、米国セントルイスで修行中の輪島さんへ偽って取材したのは私です。

先日、横綱でプロレスラーでもあった輪島さんの死亡記事がインターネットへ駆け回った。「週刊プロレス」の海外通員員の身を隠して、セントルイス滞在の輪島さんへ取材に行っ時の事を思いだした。

1983年に「週刊プロレス」が発行されてから3周年目の86年は山本編集長であったが、あまりにも UWF へ肩入れしたために馬場さんの全日本とジャパンプロレスから取材拒否を食らっていた。当時、横綱の輪島が花籠部屋の株を担保に入れて借金を返済しようとして相撲協会に発覚してスキャンダルとなる。

86年4月13日、借金返済の為と噂されながら、38歳で全日本プロレスへ入団発表する。

同年、5月に修行の為に米国へ渡り、7月よりミズリー州セントルイスで元 NWA 世界ヘビー級王者パット・オコーナーにコーチを受ける。そこで、同業者から輪島さんの連絡先を教えてもらい、日本の雑誌の依頼を受けて取材したいがと電話したらOKの返事をもらい、飛んでいった。ホテルへ着き輪島さんの部屋へ電話すると、すぐに部屋へ来てくれと言う。部屋に入るなり「東京のオフィスへ連絡はしたのか?」と聞かれたので、ウソついて「しました」と返答したらニコニコ顔になってくれた。ベット横に炊飯器と備え付けの冷蔵庫があり自炊している様子であった。あくる日、1日かけて朝から取材した。以下、週プロの記事より、、。

続きを読む

恒例のニューヨーク・ハロウィン・パレードに大観衆!人気 No.1はトランプ大統領のコスチューム!

恒例のニューヨーク・ハロウィン・パレードに大観衆!
人気 No.1はトランプ大統領のコスチューム!


10月最後の31日はハロウィンの日である。涼しい日が続いていたニューヨークはこの日、急に、残暑のような陽気となり、気温が16度まで上昇した。幼稚園や小学校の授業を終えた子供達は直ちに帰宅して、Kーマートで購入したお化けや魔女の面をつけ、母親作の特製コスチュームに着替えて、一斉に、親同伴で町へ出かけた。商店へ「トリック or トリート」と叫びながら入り、お菓子やキャンディーなどを無料でもらえる日である。夜には恒例の第44回、NYハロウィン・パレードが6番街のグリニッチ・ビレッジで催された。沿道にはポリスの厳重警備のもとに、大勢の観光客や地元の人が数万人も集まり、お化けの山車やゾンビー達が通過する都度、大歓声が発せられた。中でも人気No1のコスチュームはトランプ大統領であった。

写真集「Perspective, A Point of View 」を Apple Books に出品しました。


写真集を Apple Books に出品しました。

上のアップルバッジをクリックすると行けますので、お楽しみください。


Description:
representations of photography
Perspective, A Point of View, put --- in perspective
aberration
epistemology/ hermeneutic
(f) savoir/ avoir/ voir

写真集「Drawing Points, Lines & Dimension on Film」を出品しました。



Apple Books に写真集を出品しました。上のアップルバッジをクリックすると行けますので、ぜひ、ご覧ください。

本の説明:
80年代のニューヨークで、日本の実験映画、ビデオ・アートの草分けとして国際的に高い評価を得ていた映像作家・飯村隆彦氏のアシスタントを私は務めことがあった。そして、彼から多大な影響を受け、中でも、特に彼のコンセプチュルアル(概念上の)な1968年度制作の白黒のアバンギャルドな映画「カメラ・マッサージ」作品は度肝を抜かされた。それはカナダの哲学者、マーシャル・マクルーハンの有名なテーゼ「メディアはメッセージ/マッサージ」をベースにした作品であるが、様々な媒体は人間の心の感覚器官をマッサージする、ことに結びつくというのである。そこで、私はカメラを使用せずに、そして対象物を映すのではなくて、直接に写真フィルムにマッサージをするアイディアを思い立った。フィルムを高温で熱して、乾かして、エマルジョンを黒板のようにして、ピン、ペン、ブラシ、指、定規などを使い、引っ掻いたり、点を付けたり、線を描いたり、面を塗りつぶしたりして、フィギュアーな写真に仕上げたのがこの作品である。

Description:
Abstract figurative Photography
Drawing Points, Lines & Dimension on Film
During the 1980s, while living in New York, I was an assistant to Mr. Takahiko Iimura, a Japanese pioneer of experimental film and video internationally-renowned artist.  I was greatly influenced by his works, particularly the 1968 black & white avant-garde film, "Camera Massage”, based on Canadian philosopher Marshall McLuhan's best-selling book, “The Medium is the Message/Massage", which claims that various media combine together to "massage" the sensorium of the human mind.  Inspired by Iimura, I decided not to use the camara and simply photograph objects, but "massage" the film directly, boiling it in hot water, drying it, then like on a blackboard, using pins, brushes, fingernails and other objects to scratch and draw on the coated material=emulsion, creating a new figurative dimension to these photos.